• マクロエンジニアリングはNASAのアポロ計画から始まりました。

日本マクロエンジニアリング学会 令和元年度総会のご案内

令和 元年度総会を下記のとおり開催いたしますので、ご出席下さいますようご案内申し上げます。
当日ご出席願えない場合には、お手数ですが後記参考書類をご参照の上、委任状用紙に議案に対する賛否をご明示賜り、ご送付(或いはメール)下さいますようお願い申し上げます。

日本マクロエンジニアリング学会 会長 茂木 創

1. 日 時 令和 元年5月11日(土) 14:00~16:00
2. 場 所 日本工業大学神田キャンパス3F多目的ホール
3. 審 議 事 項
1 号議案 2018 年度事業報告
2 号議案 2018 年度収支決算報告
3 号議案 2018 年度事業監査報告
4 号議案 会長、副会長、監事および新委員長他の紹介(報告)
5 号議案 全会員へのアンケート結果 および総会での討論を踏まえた経営理念・ビジョンおよび経営戦略
6 号議案 MACRO REVIEW 編集方針
7 号議案 学会の知的財産権の取扱についてHP に明記する文案
8 号議案 営業秘密(ノウハウや会員情報)の活用戦略
9 号議案 運営細則の文章化予定・進捗状況
10 号議案 2019 年度事業計画案
11 号議案 2019 年度収支予算案
12 号議案 RIMEP との連携の現状と経営戦略(未定/報告)
13 号議案 年次シンポジウム・冬季研究大会等・準備状況(未定/報告)
14 号議案 イベントのマーケティング・広報戦略(未定/報告)

報告/審議資料は令和元年総会資料をご参照ください。(パスワードが必要です(会員にメール配信))

以上

第136回研究大会のご案内

1.日 時 令和 元年5月11日(土) 16:00~17:30
2.場 所 日本工業大学神田キャンパス3F多目的ホール
3.プログラム
1)地域農業とソーシャル・キャピタルに関する予備的考察 岩手県都市近郊農業を事例として 新田義修(岩手県立大学)高橋里咲子(卒業生)
2)会員増強策(話題提供)「マクロエンジニアリング開発計画の事例」〜こうあるべきだより、私でできること〜 迯目英正(マクロエンジニアリングプロジェクト研究会,(株)デザインウォーター)
3)全体討論 参加者全員
                             以上

注)時間は進行により多少前後します。
  理事会/懇親会は当初のご案内より約1時間繰り上げの予定です。

レジメ

1)地域農業とソーシャル・キャピタルに関する予備的考察 岩手県都市近郊農業を事例として 新田義修(岩手県立大学)高橋里咲子(卒業生)

【非公開扱いです】

2)会員増強策(話題提供)「マクロエンジニアリング開発計画の事例」〜こうあるべきだより、私でできること〜 迯目英正(マクロエンジニアリングプロジェクト研究会,(株)デザインウォーター)

Download (PDF, 536KB)


令和元年度第一回理事会のご案内

1.日 時:2019年5月11日(土)17:30~17:45
2.場 所:日本工業大学神田キャンパス3F多目的ホール
3.議事
(1)審議事項
1) 理事長、顧問、および名誉会員の選任
2) 全会員へのアンケート結果および総会での討論を踏まえた経営理念・ビジョンおよび経営戦略

(2)未定
3) RIMEPとの連携の現状と経営戦略
4) 年次シンポジウム・冬季研究大会等・準備状況
5) イベントのマーケティング・広報戦略

時間節約のため、総会と重複するものは割愛、又は総会での討論を踏まえた審議になります。 総会にもご出席くださいませ。

以上

ポスター

Download (PDF, 75KB)

研究大会ご参加のご案内

一般の方も会場で準会員に登録いただければ、1年間会費はなく(継続するか否かは参加して次年度までにご判断ください)、参加費(資料代)も無料です。
お誘いあわせの上、ご来場くださいませ

Top