2018春季研究大会報告

2018春季研究大会報告

2018年5月12日(土)、日本工業大学神田キャンパス3F多目的ホールにおいて、日本マクロエンジニアリング学会総会に先立ち、第34回春季研究大会が開催され、多くの会員、一般の参加がございました。会場は日本工業大学様のご厚意により無償で使わせて頂きました。関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。

2018春季研究大会報告

Download (PDF, 536KB)

 

バックナンバー

2018年度春季研究大会、総会のご案内

+++++++++++2018年度春季研究大会、2018年度総会 開催要領+++++++++++
日時 2018年5月12日(土)14:30~16:00(開場・受付14:15)
会場 日本工業大学神田キャンパス(半蔵門線神保町A1出口徒歩2分)
参加費 一般 2,000円(受付にて入会いただければ初年度年会費1万円を免除)
会員  無料 (学生は有効期限内の学生証を掲示いただければ無料)

2018年度春季研究大会プログラム
14:15~14:30 受付
14:30~15:00 東日本大震災津波による水産加工業の復旧とバリューチェーン形成に関する考察-岩手県北部を事例として-,岩手県立大学 新田義修・植田眞弘
15:00~15:30 日本マクロエンジニアリグ学会を 活性化するための提案 株式会社エティーサ研究所 山下将国
15:30~16:00 総合討論

2018年度総会プログラム
16:00~16:45 総会資料一式アップしました。
上段をクリックするか、或いは最下段のWhat’s newの、”保護中:30年度総会資料(会員限定)”をクリック、パスワード入力の上、ご参照、ダウンロードください。パスワードは会員の皆様に4/27にメールにてご案内いたします。
16:45~17:00 後かたずけ

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

2018年度春季研究大会レジメ

東日本大震災津波による水産加工業の復旧とバリューチェーン形成に関する考察-岩手県北部を事例として-,岩手県立大学 新田義修・植田眞弘

Download (PDF, 721KB)

 

日本マクロエンジニアリグ学会を 活性化するための提案 株式会社エティーサ研究所 山下将国

Download (PDF, 2.44MB)

 

反省会のご案内

Download (PDF, 183KB)

 


						
		

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top